APPLEBUM + Tadaomi Shibuya "DANKO T-shirts"

Unesco + Tadaomi Shibuya T-shirts


SHARE WEAR  -T シャツを選んで、着る。それが新しい支援のかたち-
2012 年3 月30 日(金)~ 4 月22 日(日)

PASS THE BATON GALLERY 第31 回目は、創業1935 年のTシャツ専門メーカー「久米繊維工業」が提案するドネーションライン「SHARE WEAR(シェア ウェア)」。日本という地で、今までもこれからもTシャツを作り続ける久米繊維の志は、Tシャツを通してこの国を応援したい、ということ。そんな想いから生まれたレーベル「SHAREWEAR」は、参加デザイナー自身が共感できる支援先を選び、それぞれの支援先の活動からイメージを膨らませてデザインをしています。支援先には売上の7%が寄付される仕組みです。今回使用するのは、久米繊維工業さんの倉庫に眠っていたデッドストックのTシャツたち。好きなデザイナーや、好きなデザインからTシャツを選ぶ楽しさと、自分自身で心から応援したいと思える支援先からTシャツを選ぶ楽しさを。選ぶ、という行為に対してより実感と意義を。何よりTシャツを着る楽しさを。 

SHARE WEAR は新たな社会貢献のかたちです。 

期間中には、SHARE WEAR 参加デザイナーを招いてTシャツリメイクワークショップを開催予定。その場で購入したSHARE WEARのTシャツや自宅のクローゼットに眠っているTシャツを持ち寄って、参加デザイナーと一緒にリメイクをお楽しみください。 

For the 31st in the Pass the Baton Gallery series, is “Share Wear “, a donation line of products presented by Kume Textiles Industries, specialized in the manufacture of t-shirts since 1935. In a land such as Japan, it is the aim of Kume Textiles to support the country through t-shirts. Born from this idea, Share Wear is a system devised to allow participating designers to designate the beneficiary of their choice and to create a design inspired by the activities of that organization. The selected organizations receive a donation of seven percent of the proceeds of the sale. Being utilized this time are deadstock t-shirts that have been wiling away in the Kubo Textiles warehouse. The fun of choosing a t-shirt by your favorite design or designer, and the fun of choosing a t-shirt based on the beneficiary you yourself most identify with. The act of choice is given more feeling, becomes more meaningful. The joy of wearing a t-shirt above all else. 

Share Wear is a new form of social contribution. 

For a limited time, participating designers will be holding t-shirt remaking workshops. There, you can remake your Share Wear t-shirt purchase or one from your own closet and remake them together with participating designers.

日本製T シャツの原点「色丸首」を開発したTシャツ専門メーカー。1950 年代半ば、Tシャツ姿のハリウッドスターに憧れた二代目久米信市が生産を開始。
以来、日本のT シャツ史に残る名作の数々を制作。国産比率10% 未満に落ち込むTシャツ市場において、あえて機能品質 JAPA N QUA LITY× 環境品質 LOH AS× 文化品質 Japan cool を追求した日本でこそ作り得るTシャツを生産している。24 時間テレビ・和綿再生プロジェクト・I supportorganic cotton・砂浜美術館・こどもの音楽再生基金等、Tシャツを通じて、CSR 活動に積極的に取り組んでいる。